未分類

どの瞬間も楽しめるようでありたいと思うのです。

投稿日:

思いがけず、桜の舞い散る公園を歩くことができました。とても暖かい日、時折風がさ~っとふいて、桜吹雪をつくってくれ、その中を私と娘、そして2人の孫達が笑顔で歩く、絵になりそうな光景だと思いました。
一人だと、きっと外にでることもないと思うのです。人は誰かや何かによって動かされているから、いろいろな出会い方をすることができるし、時には人生の大事な人に出会うこともできると思います。
ふと、先日、20歳を過ぎた知人が嘆いて電話してきたことを思い出しました。世の中には、若い世代の男女が「なかなかいい出会いがないんだ」と言っている光景があるようです。そして合コンといわれる
「男女の出会い」という、半ば強引な場をこしらえて、その空間から恋愛へ移行させようと試みます。それはそれで楽しむことは可能だけれど、それだけに頼らなくても、きっと運命的な出会いは各自の成長に合わせた段階でやってくるように思えます。世間には、とっくに適齢期なんか通り越したのに、とても素敵な出会いをして、幸せな結婚生活を送る人たちの話も聞きます。
私は、お花見一つとっても、「お花見の準備」「お花見の最中」「お花見の片づけ」どの瞬間もお花見を楽しまなければ損だし、きっとそれができるようになれば、人は無尽蔵に人生を楽しむことができるようになると思うのです。
今日は入園式ということもあり、この日を迎えるにあたって、日々私はいろいろな準備をしながら楽しむことができました。そして当日、こんな穏やかさに包まれたある日の出来事は、またいつ訪れるかわからないし、ないのかもしれません。ましてや孫達と走り回ったり、戯れて遊ぶことのできる時間は限られています。そう思うと無性にこの瞬間が愛おしくなるのでした。

無料 視聴

 

 

-未分類

Copyright© 音田正光先生、ドクターによるMIRAI法の親和クリニックの予約ならコチラ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.